〒732-0033
広島県広島市東区温品5-2-23

082-289-3011

コンタクトレンズ|広島市 東区 温品 眼科 白内障 緑内障ドライアイ 網膜疾患|芳谷眼科医院

トップページ医師の紹介医院案内設備紹介交通アクセス初診の方へ

コンタクトレンズ

コンタクトレンズのトラブル

出先で住所を知りたいとき、お電話でのお問い合わせなど、ブックマークして頂くと便利です。

トップページ»  診療案内»  コンタクトレンズ

本当は怖いコンタクトレンズ

コンタクトレンズのユーザーは年々増え続けています。

純然たる医療用器具ではありますが、カラーコンタクトや瞳を大きく見せるものなど、ファッション性の高いものも多く流通し、特に若い方を中心にアクセサリー感覚でコンタクトレンズを使用する方が増えています。
ですが、少しだけ考えてみてください。目は、ちょっとホコリが入っただけで強い痛みを感じる敏感な器官です。

そして“敏感”であるということは同時に“弱い”ということでもあります。
そんな器官に“異物”を挿入するわけですから、運用には細心の注意と定期的なケアが不可欠なのです。

下の写真は極端な症状ではありますが、ケアを誤れば誰にでも起こりうる症状です。

コンタクト障害 巨大乳頭結膜炎
コンタクト障害 巨大乳頭結膜炎
 コンタクト障害 角膜炎
コンタクト障害 角膜炎

当院のコンタクトレンズ処方

当院では、J&J、ボシュロム、メニコンなど国内で流通しているメーカーの製品についてはほぼ全ての製品を処方できます。

当院はコンタクトショップに併設された眼科医院とはちがい、コンタクトレンズを“買ってもらうため”の診断はいたしません。
コンタクトレンズは使用法を間違えると重大な障害を引き起こしかねないものです。

「コンタクト障害から皆様を守りたい」という気持ちのもと、良心的な診断を行っております。

Bausch&Lombjohnson&johnsonMenicon

コンタクトレンズの購入について

  • コンタクトレンズは医療用具です。
    ご購入の際は、眼科専門医の診察を受けてから購入していただく必要がありますので、必ず健康保険証をご持参ください(眼科検査料は別途必要となります)。
  • 目の健康を守るため、定期的な検査をおすすめいたします。

※当院ではコンタクトレンズの処方は行いますが、販売はいたしておりません。当院で発行する処方箋を、お近くのコンタクトレンズショップにお持ちください。

page top