〒732-0033
広島県広島市東区温品5-2-23

082-289-3011

緑内障|広島市 東区 温品 眼科 白内障 コンタクト ドライアイ 網膜疾患|芳谷眼科医院

トップページ医師の紹介医院案内設備紹介交通アクセス初診の方へ

緑内障

コンタクトレンズのトラブル

出先で住所を知りたいとき、お電話でのお問い合わせなど、ブックマークして頂くと便利です。

トップページ»  診療案内»  緑内障

40歳以上は要注意! 緑内障とは

緑内障は眼圧(目が正常な機能を保てる適正な眼圧)の上昇のために視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。

一度障害を受けた視神経は、再生することがないため、緑内障は失明する危険を伴う大変怖い病気といわれています。

40歳以上の20人に1人は緑内障を発症すると言われています。

約7割がNTG(正常眼圧緑内障)

緑内障の中でも、眼圧が正常の範囲内であるにもかかわらず発症するのが「NTG(正常眼圧緑内障)」です。
通常、緑内障は眼圧の異常を原因としていることが多いのですが、このNTGは眼圧が正常の範囲内にあっても発症します。

特に日本人に多く見られる症状で、緑内障の約7割がこのNTGであると言われています。

NTGの怖いところは、眼圧が正常の範囲にあっても発症するところです。
通常の眼圧検査では発見が困難で、例えば人間ドックで特に異常の無い方などが、気づかずに進行してしまうことが多いです。

緑内障の症状

緑内障の症状として、視野が狭くなったり、視力が低下したりしますが、症状によりその進行の早さは異なり、徐々に進む症状と急速に悪化する症状があります。

一般的に緑内障は自覚症状がほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多いようです。

早期発見・早期治療が重要ですが、初期段階では自覚症状があまりないために、症状が進行してしまってから受診する方が多いようです。

一般的に、下記のような形で視野が欠損していくと言われています。
ご家族や周囲の方も兆候に気を配り、お早めに治療を受けてください。

緑内障 視野欠損 初期
緑内障 視野欠損 初期
視界の中央部が
ぼんやりと欠けてきます。
緑内障 視野欠損 中期
緑内障 視野欠損 中期
欠けている範囲が
徐々に大きくなります。
緑内障 視野欠損 末期
緑内障 視野欠損 末期
欠損が視野の
全域に及んでしまっています。

緑内障の治療

緑内障を自覚した場合は、まずは眼科での受診をおすすめします。医師と緑内障の治療方針について相談の上、治療をしてください。

緑内障は時間が経つほど治りにくくなるので、急性の緑内障の発作が起きた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。

薬を使って眼圧を下げますが、十分に効果が出ない場合は、手術やレーザー治療を行います。
40歳以上の方・近視の方は特に注意が必要です。

お早めに眼科での精密な検査を受け、早期発見・早期治療に努めましょう。

page top